Welcome to

30代女性公務員の地味な日常ブログ

Home / コラム / 読モがあんなに細いのは、どんなダイエットをしているんだろう?

読モがあんなに細いのは、どんなダイエットをしているんだろう?

ダイエットは女性の永遠のテーマだと思います。

どの人も綺麗な体型を維持し、若くいたいと内心では思っているはずです。

しかし、ちょっとした気分の緩みですぐに挫折してしまう人が多いのも事実かもしれません。まず、本気で痩せたい!という思いがあるのならその気持ちを維持するために、ゴールの体系の人の写真や切り抜きを毎日目にする場所に貼りましょう。

一番のオススメ場所は冷蔵庫の扉の前です。

甘いものを少しだけ、ジュースを少しだけその気持ちを抑える味方になるでしょう。ダイエットをする中で特に効果的だったのはわたしの場合ウォーキングでした。こつこつ歩いて代謝を促進し、よく汗をかくことで体重が最も落ちて、効率がいいダイエットになりました。

体重がピークのときからマイナス5キロになりました。食事制限によってストレスが溜まってしまうので、わたしはできなかったです。歩きながら身体を動かすというダイエット法がおすすめなので、ぜひお試しください。
ダイエットにはお金をかけず、いつもの暮らしの中で手間をかけるのはどうでしょう。

例えば、床掃除の時、ダスタークロスのようなもので拭くところを雑巾にしてみる。
そうすることで消費するカロリーが増えて、ダイエットの効果もあり、また節約にもなり、よいことだらけです。もちろん、無理せずに続けられるレベルでいいのですが、お金が節約できて消費カロリーが増やせることを見つけ出していけば、割と苦にならずにダイエットできるのではないでしょうか。ダイエットの成功に必要なのは、お腹の調子を整え維持することだと思います。つまり、食べたものが腸内にある時間が長いほど体はそれを吸収しようと人間にはあるように思います。

食事をしなければ当然痩せますが、排便もなくなります。
食事から吸収できない栄養分を腸内に残っているものから取り込もうとするからだと思います。ですから、腸内環境を整えスムーズな排泄が行われれば、労せずダイエットになるのではないかと思います。ダイエットに興味を持たない女の人はほとんどいないでしょう。私自身、思春期以降はずっと体重を気にしていました。

テレビやインターネットなどで毎日のように何かしらダイエット情報が取り上げられていますが、情報が多すぎて何を信じたらいいのか迷ってしまいます。どれを採用するにしても、健全な状態を保てない方法だと、生理が止まったり、骨が弱くなったりするので、無理をせず取り組むことが最も重要です。

私は今ダイエットを、実行しています。以前ダイエットを、やってみた時は体重が減りましたが体の調子も悪くしたので今は運動と食事には気をかけています。
毎日している運動はウォーキング、ダンス、バトミントン縄跳び、筋トレです。食事の量は並の人の半分くらいにしています。
また、体が痩せたとしてもメンタル面が悪くなるといけないのでヨガをやり気持ち良くしていますダイエットを始めるとしていきなり運動から始めるのは大変だと思うので、最初は食事量を減らすことから始めましょう。
食事を摂る前にはコップ1杯の水分を飲み軽く胃を膨らませます。
そして食事はゆっくり食べましょう。

満腹感は食事を始めてから20分後くらいから感じると言われており、早食いは食べ過ぎてしまう元です。

最低20~30回は咀嚼して、30分くらいの時間をかけながら食べると良いのではと思います。

ダイエットをする時は、バランスのよい食事をとり、程よい運動をすることが重要です。運動せず、食事を大きく制限するダイエットは一時的な効果は出ますが、リバウンドする可能性が高くなります。甘いものや脂が多いものは避けて、低カロリーで高たんぱくのものや繊維を多く含むものを食べて習慣的に運動する生活をすることです。
脂肪より筋肉の方が重たいため、運動を始めても最初は体重の変化が出にくいことがありますが、筋肉が多くなれば脂肪を良く燃やすようになり太りにくく、引き締まった体を得ることができます。

妊娠生活も安定期に差し掛かった頃、つわりが消え、急に体重が増加しました。

このまま増え続けると、妊娠中に病気になると言われ、ダイエットを始めました。

私が実施したのは食事の内容を見直しただけです。

今までは食べれる時に食べるだけ食べていましたが、野菜中心の食事にゼロカロリーのものに限ったおやつなど、満腹感はちゃんと感じられ、ただカロリーは低くなるよう見直しました。中身を変えてお腹いっぱい食べていますが、その後も体重は大きく増えていません。効率よくダイエットするにはバランスを考えた食事と適度な運動が必要です。

食事によって、まんべんなく体に栄養を取り入れ、一日のうち少しでもいいので、運動します。脂肪が燃焼され始める20分が丁度よい運動時間ですが、それも難しければストレッチや筋トレだけでもOKです。

短期で大きな効果を望むのではなく、時間をかけて少しずつ脂肪を落とせばおのずの体重も減少してくるでしょう。
読モになりたい!モデル事務所オーディション募集に応募@2018年版