Welcome to

30代女性公務員の地味な日常ブログ

Home / コラム / 愛猫がご飯を食べなくて心配になったら確認する事

愛猫がご飯を食べなくて心配になったら確認する事

インフルエンザを患ってしまったら、まずは栄養だけでもしっかりと摂らなければなりません。
薬や病院ももちろん大切ですが、栄養補給も大事です。

早急にインフルエンザを治すためにも、水分と栄養はきちんと摂取しましょう。

例え丸一日、食欲がなくても、消化が良くて栄養満点なものをできるだけ摂るようにしてくださいね。

息子がアトピーだと医者から診断されたのは、2歳になったところのことでした。膝の裏がかゆいと動作で訴えていたので、対策として、皮膚科でステロイドを処方されました。ステロイドを2年あまり治療に使い続けて、ちょっとずつ子供の様子をみていたのですが、皮膚の赤みの症状はなかなか収まらず、なかなかその治療の効果がつづいてくれません。

結局、ステロイド剤を漢方薬に変えて食事を見直してみたら、小学生になる頃にはすっかり症状は収まりました。乳酸菌シロタ株イコール、ヤクルト。
その昔、白血病を患い、病気を克服した経験のある渡辺謙さんのCMをよく目にします。見事白血病に打ち勝ち、ハリウッドでまぶしい活躍をしているコマーシャルにおける渡辺謙さんのお薦めをみていると、効果が高そうなような気がします。インフルエンザの予防として乳酸菌が効果があるといわれています。1年くらい前に、テレビで乳酸菌が豊富なヨーグルトを子供に食べさせたところ、インフルエンザに罹る児童が大幅に減ったというプログラムがありました。
娘がちょうど受験の時期だったので、それ以降、ずっとヨーグルトを食べさせています。

乳酸菌が腸まで届くといわれているヨーグルトが特に効果があるそうです。便秘に効く食料品は、水分や食物繊維、乳酸菌が豊富な 、発酵食品などをさしています。

しつこい便秘の方は、便が強固で腸内に停滞した状態に落ち着いています。この状態を消えさせて、軟らかくするため、初めに 水分と食物繊維を摂りながら、乳酸菌などで腸内を整えるのが良い方法でしょう。
アトピーは乳酸菌を摂取することで、症状の改善に役立つ可能性があるのです。

腸内に進入したアレルギーの原因物質には、IgEという抗体が生まれます。そしてこのIgEという抗体がたくさんの数、発生してしまうことにより、過剰反応を起こしてしまうことにより、アレルギーが起こってしまうのです。

これがアトピーの原因であるとされており、乳酸菌には、IgEが大量に生産されることを防ぐ働きがあるといわれています。私は先天性のアトピーを持っており、子供の頃は、親からの虐待を心配される程、かなりひどい見た目でした。いろいろな治療法を施してみても、効果を全く感じなかったのに、住む場所を変えたところ、信じられないくらい肌がキレイになり、痒みもなくなりました。できるなら、思い切って環境を一変させるのも、アトピーの治療に一役買うかもしれません。おなかの環境を正しく整えると美肌になると聞いて、ヨーグルトを毎日せっせと食べていたのですが、味噌や納豆といったものまで乳酸菌を含む食品らしいのです。「乳」とつくことから、てっきり乳酸菌は乳製品からとるんだと勘違いしていました。

ちょっと恥ずかしい思いです。最近の調べで、乳酸菌にはたくさんの健康作用があるのですが、特に整腸作用に効き目があるといわれています。お腹の中の善玉菌数を増やすことで腸の中が活発化し体の中に停滞していた便が排泄されやすくなります。
その為、便秘や下痢が緩和されます。高齢猫 キャットフード おすすめ
乳酸菌を常に飲むことで腸を整える効果が強まります。私にとっては乳酸菌サプリメントといえば、真っ先に頭に浮かぶのはビオフェルミンです。

まだ小さかった頃からあったサプリメントであり、下痢だったり便秘だったりはたまた腹痛だったりした時も、決まって私のお腹を労わり続けてくれました。CMでは「人には人の乳酸菌」と伝えていますが、個人的に効果を期待できる乳酸菌サプリはまずはビオフェルミンなのです。