Welcome to

30代女性公務員の地味な日常ブログ

Home / コラム / 頭皮のかぶれに悩んでいるならシャンプーの成分をチェックするべき

頭皮のかぶれに悩んでいるならシャンプーの成分をチェックするべき

健康な目を維持するために現代人はとても意識しなければならない環境だとおもいます。

理由は、スマフォ中毒になっている人が、数多くいるからです、しかも意識していないうちにです。

当たり前のようにスマホを手に入れている現代人は、自分に意識がなく、目がますます悪化しています。また以前と比べると自然が少なくなり、パソコンやスマフォなどの画面ばかりを見続けてしまうことが増加したので、当然視力は下がるばかりです。近眼の上、仕事でよくパソコンを使いますので目の疲れをよく感じます。
眼精疲労の回復のために、ホットタオルをまぶたに乗せて温める、遠いところに視線を向ける、上下左右で眼球を動かすことも効果的です。

また、眼精疲労は目だけが疲れているというよりも、姿勢の悪さで身体が歪みを起こしていたり肩こりにも関連するため、ストレッチをして体全体を動かし血行を改善させるとより効果的です。身体のバランスを整えるという意識をもつことが重要です。

コンタクトの交換のために眼科を受診し緑内障と白内障の診断を受けました。先生からはある程度年齢を重ねてきたら、眼科の検診を受けることを勧めると。

人間ドッグでは分かりませんよと言われました。目も臓器の一つなので使い続けると何らかのトラブルが出てくるらしい。
特に白内障は年齢を重ねるほど多く発症し早期発見と早期治療が大事だといわれました。それからは毎月眼科検診を受けています。事務の仕事をはじめてから眼精疲労を感じるようになりました。
以前は販売職をしていて、今の様にPCの前で座り続ける事はありませんでした。現在の業務内容はPC入力がメインで資料の印刷など目を使うことが多いです。

首や肩にも痛みや張りを感じ、整体に行くと疲れ目が原因と言われました。
仕事の休憩中に10分間目を閉じるなど色々試していますが毎日疲労の積み重ねです。
パソコンで作業中、目がチカチカしてきて、パソコンの画面が見えにくいなと感じます。

そのチカチカが視界いっぱいに広がるとすぐ近くもはっきりと見えなくなり、激しい頭痛が襲ってきます。思い返してみても気分が良くありません。

極度の精神的な疲労や、片頭痛は眼精疲労の原因です。私が取った対策は痛みが来そうな前兆があればすぐ鎮痛薬を飲むこと、精神的にストレスを感じられる状態になることを未然に防ぎます。最近はだいぶ発生する回数が減ってきました。

目の保養には自分の目に何か病気や問題がないかを知ることが必要です。私は普段コンタクトレンズを着用していますが、購入前には必ず眼科検診をします。

眼下検診では自分の目に異常や問題がないかなどを確認してもらえます。また、度数の合っていないコンタクトを着け続けることは、眼精疲労も引き起こします。
定期的に眼科を受診し目の健康を保つようにしています。
近頃、若い女性の間でメイクの際に欠くことができないのがカラーコンタクトです。ナチュラルでも派手目のメイクでも今となってはカラーコンタクトは必需品です。カラーコンタクトを装着する上で一番気になるのが目の乾燥です。

普通のものよりも厚く酸素の透過率が悪いので着用時間はしっかり守りましょう本来は視力が良い方も使用することがある為、メンテナンスの方法がわからず不衛生な管理で結膜炎などを発症する人もいます。

カラーコンタクトを使用する前は説明書を確認し、使用上の注意を守って使うことが望ましいです。
目を酷使し続けると充血・痛み・視力低下などの良くない症状がすぐに表れるので対策が必要になります。パソコンなどの作業中は1時間に1回は目を閉じて目を休める、温める、眼球をまわして目玉の体操をしたりすると疲れが緩和されます。

日頃からケアするために、ルテイン、ビルベリーなど目によいと言われているサプリメントを積極的にとることも目の健康を維持するために効果的だと思います。
眼精疲労の回復のためには、短時間でもいいので、一旦眼を完全に休ませる事です。パソコン等から眼を離し、眼を閉じて3分程度その状態を保ちます。時々、両手を使いやさしく眼球をマッサージするのも心地良いものです。

これを一時間置きに行うだけで随分、眼精疲労は抑えられます。重い疲れ目にはハンカチなどを濡らしてしぼり、まぶたに被せるように乗せると効果があります。

また一ヶ所を見つめ続けて固まった眼球を上下左右にくるくると動かすだけでも違います。
私はトラックの運転手ですが、明らかに20代のころと今とでは目の見え方が全然違います。

遠くにある看板を20代では見えていましたが、今では遠方にある看板はぼやっと見えていくぶん近づかないと見えなくなってしまいました。だから、運転していると目が疲れてきます。
目の疲れ対策としては、休憩時間や荷物待ちの時間などを利用して「温かくなるアイマスク」を活用しています。

これが疲れ目には効いて、気持ちよくなります。
頭皮に優しいシャンプーを選ぶ女性